チケット転売サイトのおすすめ【チケジャムvsチケット流通センター】手数料計算しました。

  • URLをコピーしました!

ジャニーズ、LDH、K-POP 、お笑い、スポーツ観戦や舞台など様々なイベントが行けなくなってしまった時にチケットをどうされていますか? 友人に譲渡できるのが一番いいですが、相手が見つからない時はSNSで探していませんか? SNSでのチケットの売買はトラブルが多いのでオススメしません。また、メルカリでのライブチケット売買は返金保証がありません。個人で安全に取引できるチケット転売サイトをご紹介いたします。

スポンサーリンク
目次

チケットを譲渡(売買)したい時

  1. 友人に譲渡する(安全&手数料なし)・譲渡される
  2. 公式チケット販売サイトで再販売(リセール・トレードシステム)を利用する(対象外チケットあり)
  3. チケット販売サイトを利用する

有名転売サイトのチケットストリート(チケスト)が2021年5月にサービス終了し、現在は以下の2つの転売サイトをおすすめします。

チケジャム

出典:apps.apple.com

チケジャム – 安心のチケット売買・チケットリセール

「チケットジャム」は比較的新しめのサイトですが、利便性の高さからか利用者数が急激に伸びています。転売への対策がバッチリで「安心決済」 や入場補償をする 「あんしん補償プレミアム」 や 「匿名発送」、返金保証 などのサービスも行なっております。

チケット流通センター

運営20年・700万件以上の取引実績があり、業界No.1の歴史を持つチケットリセールサービス「チケット流通センター」公演当日まで紙チケット、電子チケット、コンビニの発券番号などで売買OK!万が一チケットが届かない場合は全額返金。

【手数料比較】チケジャム VS チケット流通センター

チケットを買う場合の手数料:買い手

チケジャム

チケジャム
取引手数料5.5%
決算システム利用料3.96%
あんしん補償プレミアム商品価格の5%~35%(税込)を公演と時期によって定めております。
実際の利用料金は決済時にご確認頂けます。
全て税込表記

あんしん補償プレミアムのサービスは紙チケットのお取引のみのサービスとなります。※ご購入時にご加入が必要となります

チケット流通センター

チケット流通センター
取引手数料500円~3,000円 297円(税込)
3,001円~10,000円 440円(税込)
10,001円~30,000円 770円(税込)
30,001円以上 チケット代金の3.30%(税込)
決算システム利用料無し
安心配送サービス825円
全て税込表記

あんしん配送サービスはオプションですので、お申し込みで利用可能です。

買取手数料の比較シュミレーション

チケットの料金チケジャムチケット流通センター
3,000円の場合3284円3297円
10,000円の場合10,946円10,440円
30,000円の場合32,838円30,770円
40,000円の場合43,784円41,320円
※上記はチケット料金が含まれた金額です。

チケット流通センターの方が決算システム利用料がない為、同じ料金のチケットを購入する場合はチケット流通センターの方がお安く買えると言えます。

チケットを売る場合の手数料:売り手

チケジャム

チケジャム
販売手数料5.5%
売上振込手数料■ 通常出金
1回 380円 

■ エクスプレス出金
1回 380円+引き出し申請額の2% 

■ Amazonギフト券
無料
キャンセル料20%  (10,000円以下の場合は一律2,000円)
*取引成立後に売り手都合で取引をキャンセルした場合に限ります。
全て税込表記

チケット流通センター

チケット流通センター
仲介手数料■ チケット代金が500円~3,000円の取引
297円

■ チケット代金が3,001円~8,000円の取引
836円

■ チケット代金が8,001円以上の場合
10.45%
再振り込み手数料ご登録いただいた金融機関口座に不備・誤りがあり、チケット代金が振り込めなかった場合、再振込手数料880円(税込)を差し引いて再手続きをさせていただきます。口座のご登録には十分ご注意下さい。
キャンセル料■チケット代金が8,001円以上の取引
チケット代金の20%

■チケット代金が3,001円~8,000円の取引
1,500円

■チケット代金が500円~3,000円の取引
1,000円
全て税込表記

販売手数料の比較シュミレーション

チケットの料金チケジャム(通常出金)チケット流通センター
3000円の場合545円297円
8,000円の場合820円836円
10,000円の場合10,930円11,045円
※上記はチケット料金は含まれない手数料だけの金額です

まとめ

チケットを買う場合は、チケット流通センターの手数料が少なくない為、同じチケットを購入する場合はチケット流通センターの方がお安く買えてオススメと言えます。金額が高くなると手数料が大きく変わっていきます。

チケットを売る場合は、どちらを利用しても大きな金額の差はありません。

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク
シェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次