目立つシミに!資生堂コンシーラー スポッツカバーの比較と使用感

  • URLをコピーしました!

顔の濃いシミもカバーできると話題のコンシーラー、資生堂のスポッツカバー ファウンデイション。もう10年は使っていますが、一生手放せないコンシーラーになりました。

近所のドラッグストアの資生堂コーナーにひっそりありました。

スポンサーリンク
目次

スポッツカバー ファウンデーション HSの違い

HとSの2種類あって、店員さんに違いを聞いたら HはHardのH、SはSoftのS という意味だそうです。

Hard:硬めのテクスチャで部分的なシミ
Soft:テクスチャが柔らかさで顔全体用

濃いめのシミ隠しのコンシーラーとして使うにはHをお勧めします。シミ隠し用なのでHardをチョイス。

色は100しか置いてなくノーチョイスでH100。

色味はこちらの写真とほぼ同じです。
Hのテクスチャはかなり硬めなので、ちょっと付けてのばすだけでカバーできます。
この分なら年単位で持ちそうです。それで1200円とはコスパ高い!

スポッツカバー ファウンデーション種類

ベースカラーの他に、コントロールカラーに補正色があります。色選びはなかなか難しいですが、自分好みで混ぜて使うのもおすすめ!

部分用:硬めでしっかりカバー力

あざや濃いシミ・そばかす・傷あとのカバーにおすすめ

オークル系 明るめの肌色H100
オークル系 自然な肌色H101

全体用:柔らかめ適度なカバー力がある

伸びがよくて薄いあざにおすすめ

オークル系 明るめの肌色S100
オークル系 自然な肌色S101
オークル系 濃いめの肌色S102
ピンク系 赤みよりで明るめな肌色S300

補正色:硬めでカバー力が高い

赤あざ・青あざ・黒あざなど濃いあざの補正し肌色に近づけるためのコンシーラー(HとSに重ねてづけできる)

ホワイト:くすみのない赤あざ 小さめの赤あざ補正C1
ベージュイエロー:濃い赤あざ・大きな赤あざ補正C2

スポッツカバー ファウンデイションを比較した

今までi herbで買った2つのコンシーラーを使っていたのですが、カバー力の低さにとうとう資生堂に手を出しました。

左:elfの Maximum Coverage Concealer (現在、販売終了)
真ん中:Physician’s Formula, Inc., シミ隠し(現在、販売終了)
右:資生堂 SPOTS COVER foundation

まずは、こんな感じでシミの代わりにアイライナーを引いてみました。
elfはテクスチャが柔らかめで大量にのせればシミは見えませんが・・・・

スポンジで伸ばすとうっすらと下が見えます。

テクスチャが硬い真ん中を試すと・・・・黄色が強くて全然隠せてない!

では、資生堂SPOTS COVERをのせてみましょう。

わかりますか?すごく消えちゃってもうどこが最後かわかりづらいですね・・・
いつもより多めにのせてスポンジで伸ばしました。

感想まとめ:スポッツカバー

・部分用のカバー力は最強(私の中)
・使用量が少しで済むからコスパ最高
・化粧崩れしにくい
・塗りすぎは注意(厚塗りで目立ってしまう)
・成分に日焼け止めは入ってない
・クレンジングはしっかりとする必要がある

スポンサーリンク
シェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次