日用品

究極に安全なこだわり食器!天然素材100% エコソウライフ(ecosoulife)のプレート

更新日:

「間接的だけど、口に入れるから・・・お皿ってどんな素材がいいのだろう?」

と思って、ずっと考えないように使っていた木製食器・・・ そして気づくとこんなハゲかかってました。

ニトリや、近所の雑貨やで買った木の皿。安かったので確かラッカー塗料です。

 

調べれば調べるほど怖い!安価な木製食器

どうやら、市場で売られている木製の食器は人体に有害な薬剤処理を施したものが殆どであるそうです。

まずは、

木製食器のできるまでの流れ

漂白 → 着色料 → 防カビ剤 → 防虫剤 → 塗料(ラッカーorウレタン)

全部ではないですが、こんな感じ。 口に入れる食材をのせる食器にこれだけの有害物質を使ってるなんて、恐ろしすぎる。

そして、 やっと究極に安全な食器に買い換えました。

 

究極に安全なこだわり食器とはこちらです。

天然素材100%  エコソウライフ(ecosoulife)

この子達、安全な上にオシャレなんす。

実は先日行ったハンバーガー屋さんで使っていて、軽さと質感が気に入ったので店員さんに何を使ってるか教えてもらいました。

それでは、エコソウライフについて簡単におすすめします。

 

エコソウライフの食器ってどんな素材?

アウトドアグッズとしても人気で、天然素材100%のテーブルウェアブランドです。

どこの? >オーストラリアで生まれた食器

素材は? >竹の繊維、お米のもみがら、コーンスターチ、ヤシの葉などの天然素材

耐熱温度は? >Bambooシリーズ:-20℃〜100℃ >Huskシリーズは:-30℃〜120℃

耐久性は? >Bamoo、Huskシリーズは一般的な食器と同じ耐久性がある

特徴は? >土に埋めることで、2〜4年後には土へと還る

ディスポーサブルタイプもあります。

Bamboo

今回私が買ったのはさまざまなカラーリングが魅力のBambooシリーズです。 竹の繊維とコーンスターチが主成分

Huskシリーズとの違って、Bambooシリーズは食器洗浄機対応、電子レンジ使用不可です。 オーブンはどちらのシリーズも使用不可です。

使ってみた感想

すごく軽いのに、プラスチックとは違う優しい質感。 みんな持ってるIKEAのプラスチック皿ってなかなか油汚れが落ちないですが、こちらは油もすぐ落ちます。

薄くてかさばらないのがいい! 木製だとこんなにかさばる。

6色カラーに加え、新しいデザイン食器も登場してます。

6色のうち、どれを選ぶか相当悩みましたが、instagramやpinterestでみると

sand(サンド), charcoal(チャコール), navy(ネイビー)

の3色使いの写真が多く、落ち着いていて飽きなそうなのでこの3色にしました。

 

どこで買える?

私は通販で買いました。アウトドアなどを扱う店も置いてるそうです。 amazonも色々探しましたが、欲しい色がなかったので楽天のお店で送料無料になるほど買いました。

楽天 :TOPPIN OUTDOOR & TRAVEL <6,480円以上のお買い上げで送料無料>

-日用品

Copyright© こだわらない暮らし , 2022 All Rights Reserved.