WEBデザイン

最優秀賞!!(自分基準)wordpressの STARTER の使い方

更新日:

wordpressの優秀テーマ「starter」の使い方をご紹介します。

ワードプレスのテーマ STARTER ダウンロードはこちらから

以前は無料版がありましたが、現在は有料版Starter Proのみのようです。ただし59ドルでテーマの中では安い方なので引き続きオススメします。
若干ウェブ中級以上の方向けのテーマですが、視覚的に操作ができるので最初のインストールさえ乗り越えれば、初心者の方にも是非利用して頂きたいと思います。

最初は、テーマインストール後すぐにはデモサイトのように表示されない為、戸惑うことでしょう。
デモサイトのように表示されれば後は、簡単。いじくり倒せばいいのです。

それでは、デモサイトのように表示する方法をご紹介します。

※注意! 以下は無料版STARTERの使い方なので有料版との違いが発生する可能性があります。(2017年頃まで)

ダウンロードしたファイルの内容をご紹介

まず、ダウンロードした圧縮zipファイルの unzip_first_starter_bundle.zip を開きます。
以下のデータが入っているのでフォルダ別に簡単に説明します。

・Customizer Data(カスタマイズ用のデータ)
・Demo Content(デモサイト用のデータ)
・Documentation (このテーマの使用方法が書かれています。但し英語。)
・Plugins(使用するプラグイン)
・theme-pack(インストール用のテーマ)
・widget data(ウェジェット用データ)

順におって進んで行きましょう。

WordPressでStarterのテーマをインストールする

 

Step 1: ログイン後、ダッシュボード > 外観
Step 2: テーマを開く
Step 3: 新規追加をクリック

Step 4: テーマのアップロードをクリック

 

Step 5: ファイル選択でダウンロードした解答したファイル内のtheme-pack> Starter.zip を選択し、今すぐインストールをクリックする。

Step 6:  しばらく待つとインストール完了されるので、有効化をクリックすれば完了です。

 

次に、プラグインをインストールしていきましょう。

 

このテーマに必須なプラグインをインストールする

まず、テーマをインストールし有効化すると自動的におすすめプラグインが表示されます。

Step 1: テーマを有効化すると現るページの Begin installing plugins をクリック

Step 2: おすすめ3つプラグインの installし、Activate をクリック
とりあえず、各プラグインの設定はデフォルトで。

 

デモコンテンツをインポートする

Step 1: wordpressインポートツールをインポートする

ツール > インポート > 今すぐインストール(WordPress) > インポーターの実行

Step 2: デモのコンテンツをアップロードする
unzip_first_starter_bundle > Demo Content > content.xml

Step 3: 実行

投稿者は任意
添付ファイルをインポートするにチェックを入れ実行

 

 

Step 4: 完了
しばらく待つと「すべて完了しました。 ではお楽しみください !」が表示されます。
※私の時はいくつかのメディア のインポートに失敗しました。となりましたが無視しました。

 

デモウェジェットをインポートする

Step 1: ウェジェットインポートツールに以下のファイルをセッティング

ダッシュボード > ツール >Widget Settings Import

以下のファイルを選択する。(widget_data.json)

unzip_first_starter_bundle > widget data > widget_data.json

Show Widget Settings をクリック

 

Step 2: 全て選択し、Import Widget Settingsをクリックして完了

 

 

デモサイトを表示させる

やっとデモサイトの表示ができます。
設定 > 表示設定 >フロントページの表示

固定ページ
・フロントページ:Onepage
・投稿ページ:Blog Listing

変更を保存をクリックするとデモサイトのようなトップページが表示されているはずです!
お疲れ様でした。

 

-WEBデザイン

Copyright© こだわらない暮らし , 2018 All Rights Reserved.