日本語絵本

絵本「ぶたのたね」の佐々木マキが好きすぎる

更新日:

図書館で絵本を借りるときは、外国人作家コーナーから選ぶことが多いです。日本語に翻訳されるほどですから、すでに評価が高い絵本と思っています。事実、日本の絵本作家の中から選ぶとハズレを引くことが多いです。そんな中、個人的に好きすぎる日本絵本作家「佐々木マキ」さんの魅力的な絵本についてご紹介します。

子供ができて読み聞かせをするようになってから知った佐々木マキさん。

プロフィール:佐々木マキ

1946年 神戸生まれ。
漫画家・絵本作家・イラストレーター。

1966年[ガロ] 漫画デビュー。
7年後の1973年に絵本デビュー。

最初名前だけでは、女性かと思いましたが男性でした。
「佐々木マキ」とうペンネームは、フランスのマキ(抵抗組織)からもらった。また、性別を曖昧にしたかったそう。苗字は語呂合わせで、SASAKI MAKI だと母音がAとIだけで韻を踏んだ感じになるから佐々木にしたとのこと。

たくさんの絵本が発行されています、まだ読んだことがない作品もありますが、私が知ってる中で、

「まだ知らない人に是非読んで欲しい」を基準に厳選しました。

お気に入り度 ★★★★★

 

絵本デビュー作:やっぱりおおかみ

 
世界でたった一匹となったおおかみ。「おれに にたこ」を探す旅に出てますが、誰にも仲間に入れてもらえず、一匹狼に。孤独なおおかみのお話。暗くて明るい作品。
 
この絵本がずーっと、どこかの絵本に似ていると思っていたんですが、調べたらガッテン!!そうです。モーリス・センダックの絵本まよなかのだいどころ(In The Night Kitchen)が見本となっているそうです。表紙からして似ていますね。日本語版もある有名な作品です。ガッテン!ガッテン!!ガッテン!!!
 
 

大人向け絵本:変なお茶会

 
明治時代のマッチの図案を元に描かれた絵本とのこと。絵を眺めているだけで不思議な世界へ。一年に一度の一夜、天然のココアが涌く場所へ、世界中からよくわけの分からない変な人たちが集まってお茶会をするお話。読んだあとは猛烈にココアが飲みたくなるでしょう。家にずっと置いておきたくなる一生モノ絵本の一冊。

 

ヤギの魔術師 ムッシュ・ムニエル シリーズ

 

 
このムニエル・シリーズは大体の図書館に置いてます!

第1作目:ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします
第2作目:ムッシュ・ムニエルのサーカス
第3作目:ムッシュ・ムニエルとおつきさま

マキさんがガロで書かれいた漫画「ピクルス街異聞」に登場したヤギの魔術師が、ムッシュ・ムニエルの原形。

 
 

人気シリーズ(全10作品):ねむいねむいねずみシリーズ

 

 
こちらの「ねむいねむいねずみ・シリーズ」もロングセラーとあるだけに大体の図書館に置いてます!

第1作目:ねむいねむいねずみ
第2作目:ねむいねむいねずみのクリスマス
第3作目:ねむいねむいねずみはおなかすいた
第4作目:ねむいねむいねずみとなきむしぼうや
第5作目:ねむいねむいねずみとおつきさま
第6作目:ねむいねむいねずみともりのおばけ
第7作目:ねむいねむいねずみのうみのぼうけん
第8作目:ねむいねむいねずみのあまやどり
第9作目:ねむいねむいねずみとおばけたち
第10作目:ねむいねむいねずみとどろぼうたち

お母さんを探して旅してる?子供ねずみのお話。毎回必ず眠ってしまいお母さんの夢をみます。

 
 
 

傑作シリーズ:ぶたのたね

 
 
佐々木マキさんの絵本の中で一番有名な作品ではないでしょう。
 
第1作目:ぶたのたね
第2作目:また ぶたのたね
第3作目:またまた ぶたのたね
走るのが遅いおおかみが豚にからかわれる三部作。おバカなおおかみのマヌケっぷりと豚が楽しんでる姿が爽快!子供も大人も楽しめる作品。 
 

 

我が子が一番好きな作品:まじょのかんづめ(きのみきのことイワンシリーズ)

 

 
「まじょのかんづめ」は図書館で借りてあまりにも面白いので、買っちゃいたくなる作品です。ヘンテコなお話で何度も読みたくなります。この作品に出て来る女の子(きのみきのこ)と犬(イワン)が登場する作品は以下
 
 

 

可愛いおばけシリーズ:おばけがぞろぞろ

 

 
 
子供ってお化け怖がるのに好きですよね?でもこの作品に登場するお化けはキュートでヘンテコ。マキさんは漫画家 杉浦茂さんの大ファンらしくお化けシリーズは杉浦茂さんへのオマージュとなっているそうです。
ヘンテコなおばけの話

おばけとぼく
おばけのばむけ
おばけバースデイ

どろぼうシリーズ

こちらは仕掛け絵本になっていて、漫画のようにコマごとに進みます。
この他にもマキさんの作品でどろぼうが出て来るのはこちら。

以下の3つの作品が入った「どろぼうたちのよる」もございます。
(どろぼうたちのよる、かげどろぼう、ぬすまれたらこまるもの)

クリスマス絵本

 
 
子供の夢を壊すサンタ!そろそろサンタの存在を疑い始めた小2の娘にプレゼントしようと思います。
 
以下の3つの作品が入った「クリスマス絵本」もございます。
ちいさなクリスマスのほん
くまの木ゆきだるまのクリスマスふたりのサンタ
 

佐々木マキ最新作はこちら:こぶたのかばん

 
最後に、最新の絵本のご紹介です。といっても2013年に刊行されたのが最後、「こぶたのかばん」です。こぶたのカバンがどんどん大きくなっていく可愛らしい内容です。図書館にもありました。しばらく出ていませんが、次回作を楽しみにしています。
佐々木マキさんの作品をまだ読んでことがないあなた、この機会にぜひご一読ください。

-日本語絵本
-

Copyright© こだわらない暮らし , 2018 All Rights Reserved.