ペット 買い物

【おしゃれで実用性が高い】セキセイインコの鳥かご・ケージ(HOEI 35角)を通販で購入

投稿日:

先月下旬にセキセイインコの雛を飼うことになり、雛なので水槽で飼ってました。

生まれて三週間くらいの頃は、まだ可愛くないと言うか怖い。

そして、鳥かご(小鳥ケージ)探しに2週間ほど悩み、ペットショップで実物をみて結局通販で購入したのでご紹介します。

まず、却下した鳥かご・小鳥ケージをご紹介します。

その1:「これはないわ〜」の鳥かご・小鳥ケージ

ペットショップで子供がこれを気に入って絶対に譲らなくて1時間くらい滞在するはめに。
気に入った理由は色。この色の他の種類を散々探したが見つからず。
値段が1500円以下というお手頃なのは良いポイント。

却下理由

その1:引き出しトレイが浅い、これだと底に引いた新聞紙を引き出す時にひっかかるだろうに。
その2:ペットショップ1小さいサイズだった。これはちょっと狭くてインコがかわいそう。よく持ち運ぶ人やワンルームの家の人ならいいかも。
その3:とまり木とブランコがプラスチック・・・インコの為にも木製がいいです。
 

その2:インテリア的になし!な鳥かご・小鳥ケージ

アマゾンのベストセラー商品!お値段は4500円弱。
実物をみましたが、サイズはちょうど良い感じ。小鳥1羽にも、狭い我が家にも大きすぎず、小さすぎず。
引き出しトレイも引き出しやすく、とまり木も木製だし、レビューも高評価。きっと良い商品でしょう。

却下の理由

前後のプラスチックが可愛くない。個人的に見た目が却下、我が家のインテリアに合わない。
あと、ハムスターケージにプラスチック製を使っていたが1年以内にドアが割れてテープ貼って使っていた。
レビューにも「割れた」とあった。プラスチックがいつか曇りそう。

 

その3:丸カゴはおしゃれだか機能性はゼロ

お話に出てくるような丸カゴシリーズ。こちらもペットショップにて子供が気に入って離さなかった代物。
お値段は2000円程度でかわいいが機能性が悪いらしい。
サイズもやや小さい、1羽までならなんとか。

却下の理由

引き出しトレイが二つあって左右どちらかによせないと引き出せない。トレイも浅く、底に敷いた新聞紙を巻き込みそう。そもそも新聞紙を丸く切る?とかありえない。
とまり木・ブランコがプラスチック製。レビューはみんなちゃっちい、安いっぽいとボロクソだった。

 

その4:HOEI(ホーエイ)のメッキシリーズは・・・

 

 

そして、見つけましたベストバイ。
ご紹介します。
タラーン!

ペットショップには売ってなかったのでアマゾンで買いました。
以下、

私が選んだ鳥かご「ホーエイ 35角 ホワイト」とは

 

とにかく全部真っ白で気に入りました。予算オーバーの6000円くらいしますが、サイズ感がかなり満足してます。これより10cm背が高い「HOEI 35手のり ピュアホワイト」と悩んだが、結果35角にしてよかった。35角より大きいサイズは我が家(2DK)には存在感がありすぎる、重すぎる。

使用した感想

サイズ:想像より大きかったがインコが快適に暮らすには最低これくらいは必要だろう、万が一2羽になっても大丈夫なサイズだった。
 
機能面:引き出しトレイと共に出し入れができるフン切り網は簡単に掃除できて便利。引き出しも深くて良い。引き出し部分からインコが逃げないようにオートシャッターつきだけど、我が家は放鳥するのでその機能はいらないかも。
 
餌入れ:付属の餌入れに関してはレビューでにて「深すぎる!」とあるが、我が家は今の所そのまま使っている。問題なし。餌の飛び散りを90%カットするカバーがナイス。
 
デメリット1:入口が思ったより狭い。餌入れカバーに付いた糞を洗う為に取り出しがギリギリで取り出しにくい。上部アミが開閉するが硬くて簡単には開けれない。
 
デメリット2:作りがしっかりしてるので結構重い。子供には持たせられない。
 
この同じシリーズでサイズも同じブラックがペットショップで売っていて、かなりかっこよかった。アミが黒ってナイス。我が家のインテリアには合わないが黒基調の家ならおすすめします。
 

合わせて買って欲しい鳥かごカバー

これに合わせてHOEIのおやすみカバーも購入。ぴったり感が最高によかった。遮光なので真っ暗になる。
 
 
かわいい家族の為に最善の環境を整えましょう〜

-ペット, 買い物

Copyright© こだわらない暮らし , 2018 All Rights Reserved.